基本操作ガイド

Basic Guide

サポートツール

BigQuery Viewer (beta)

BigQuery Viewer は、GCP コンソールを介さずに、BLOCKS から直接 BigQuery のテーブル・ユーザー定義関数・ストアドプロシージャ・DataEditor で作成したモデルの情報確認やクエリーの実行などができるツールです。

グローバルナビゲーションのメニューアイコン()をクリックし、表示されるメニューから[BigQuery Viewer (beta)]をクリックすると、BigQuery Viewer が表示されます。また、 をクリックすると、新しいタブに BigQuery Viewer が表示されます。

BigQuery Viewer では、以下の操作ができます。

  • テーブル情報(テーブル ID やテーブルサイズなど)の確認
  • テーブルスキーマの確認
  • ユーザー定義関数の情報確認
  • ストアドプロシージャの情報確認
  • DataEditor で作成したモデルの情報確認
  • クエリー実行によるテーブル内容の確認
  • データセットの削除
  • テーブルの削除
  • ユーザー定義関数の削除
  • ストアドプロシージャの削除
  • DataEditor で作成したモデルを削除
BigQuery Viewer のレイアウト図

GCP サービスアカウントの選択

操作対象のデータセットやテーブルにアクセスできる GCP サービスアカウントを選択します。

ワークスペース切り替えタブ

ワークスペースをスキーマ確認用とクエリー実行用で、切り替えるタブです。

ワークスペース

ワークスペースでは、スキーマの確認やクエリーの実行ができます。

スキーマ・ワークスペース

テーブル・ユーザー定義関数・ストアドプロシージャ・DataEditor で作成したモデルの情報が確認できるワークスペースです。[スキーマ]タブをクリックすると表示されます。

BigQuery Viewer のスキーマ・ワークスペースのレイアウト図
  • アイテム選択エリア(左側):
    # アイテム 説明
    1 データセットリスト

    データセットのリストです。確認したいテーブルを含むデータセットを選択するとアイテムリストに、そのデータセットに含まれるアイテムが一覧表示されます。

    ここでいうアイテムとは、以下のことです。

    • テーブル
    • ユーザー定義関数
    • ストアドプロシージャ
    • DataEditor で作成したモデル
    2 アイテムリスト

    アイテムのリストです。データセットリストで選択されたデータセットに含まれるアイテムの一覧が表示されます。アイテムをクリックすると、アイテム詳細にそのアイテムに関する情報が表示されます。

    3 データセットを削除]ボタン

    データセットリストで選択されたデータセットを削除します。

    info_outline データセットの削除は、データセット内のすべてのテーブルが削除されていないとできません。

  • アイテム詳細エリア(右側):
    • テーブルの選択時:
      項目 説明
      テーブルの情報

      テーブルの情報では、以下の内容が確認できます。

      • テーブルの ID(Table ID)
      • テーブルの容量(Table Size)
      • 長期保存の状態にあるテーブルの容量(Long Term Storage Size)
      • テーブルの行数(Number of Rows)
      • テーブルの作成日時(Creation Time)
      • テーブルの最終更新日時(Last Modified)
      クエリーをセット]ボタン

      クエリー実行ワークスペースに切り替えます。このとき、クエリーボックスのクエリーは初期化され、FROM 句には選択されたデータセットとテーブルが設定されます。

      スキーマ情報

      テーブルのスキーマ情報が確認できます。

      テーブル削除]ボタン

      選択したテーブルを削除します。

    • ユーザー定義関数の選択時:
      項目 説明
      ユーザー定義関数の情報

      ユーザー定義関数の情報では、以下の内容が確認できます。

      • ユーザー定義関数の ID(Routines ID)
      • ユーザー定義関数の種類(Routine Type)
      • ユーザー定義関数の作成日時(Creation Time)
      • ユーザー定義関数の最終更新日時(Last Modified)
      • ユーザー定義関数の言語(LANGUAGE)
      • ユーザー定義関数の引数(ARGUMENTS)
      • ユーザー定義関数の戻り値の型(RETURN TYPE)
      ユーザー定義関数を削除]ボタン

      選択したユーザー定義関数を削除します。

    • ストアドプロシージャの選択時:
      項目 説明
      ストアドプロシージャの情報

      ストアドプロシージャの情報では、以下の内容が確認できます。

      • ストアドプロシージャの ID(Routines ID)
      • ストアドプロシージャの種類(Routine Type)
      • ストアドプロシージャの作成日時(Creation Time)
      • ストアドプロシージャの最終更新日時(Last Modified)
      • ストアドプロシージャの言語(LANGUAGE)
      • ストアドプロシージャの引数(ARGUMENTS)
      ストアドプロシージャを削除]ボタン

      選択したストアドプロシージャを削除します。

    • DataEditor で作成したモデルの選択時:
      項目 説明
      DataEditor で作成したモデルの情報

      DataEditor で作成したモデルの情報では、以下の内容が確認できます。

      • モデルの ID(Model ID)
      • モデルの種類(Model Type)
      • モデルの作成日時(Creation Time)
      • モデルの最終更新日時(Last Modified)

      更に、DataEditor で作成したモデルの定義情報も確認できます。

      モデルを削除]ボタン

      選択したモデルを削除します。

クエリ実行・ワークスペース

クエリーを編集・実行し、その結果が確認できるワークスペースです。テーブルの内容を簡易に確認したいときに使用します。[クエリ実行]タブやスキーマ・ワークスペース内の[クエリーをセット]ボタンをクリックすると表示されます。

項目 説明
クエリーボックス

実行するクエリーを編集するボックスです。

クエリーを実行]ボタン

クエリーボックスのクエリーを実行します。

Use Legacy SQL]スイッチ

クエリーボックスに記述するクエリーの SQL 文法が Standard SQL か Legacy SQL かを指定します。

  • スイッチオフ - Standard SQL
  • スイッチオン - Legacy SQL
クエリー実行結果

クエリーを実行した結果が表示されます。検索結果の件数が、100 件を超える場合は、100 件ごとにページ分割して表示されます。