基本操作ガイド

Basic Guide

Google Cloud Platform のサービスアカウントキーを作成する

Google Cloud Platform のサービスアカウントキーを作成する

BigQuery カテゴリーのブロックや IoT ボードなどの Google がサービスする機能を使用するには、以下に挙げるものが必要です。

  • Google Cloud Platform (GCP) のプロジェクト
  • GCP のサービスアカウントキー

ここでは、GCP のサービスアカウントキーを作成する方法を解説します。

   GCP のプロジェクトについては、「Google Cloud Platform のプロジェクトを作成する」で解説しています。

GCP のサービスアカウントキーを作成する手順は、以下のとおりです。

  1. Google アカウントを準備する
  2. GCP コンソールにログインする
  3. GCP のプロジェクトを選択する
  4. GCP サービスアカウントキーを作成する

以降、それぞれの手順について、順に解説します。

Google アカウントを準備する

GCP のサービスアカウントキーを作成するには、Google アカウントが必要です。Google アカウントをお持ちでない方は、Google アカウントの作成ページで、Google アカウントを作成してください。詳しくは、「Google アカウントを作成する(Gmail アドレスも同時に作成)」で解説しています。

GCP コンソールにログインする

準備した Google アカウントで GCP コンソール (コンソール)にログインします。

GCP のプロジェクトを選択する

コンソールの上部から BigQuery カテゴリーのブロックや IoT ボードなどで使用する GCP プロジェクトを選択します(下図の 1 → 2 の順番で選択)。

プロジェクトを選択している様子

GCP サービスアカウントキーを作成する

[Google API を利用する] をクリックします。

Google API を利用する

[認証情報] → [認証情報を作成] の順にクリックします。

認証情報を作成

[サービスアカウントキー] をクリックします。

サービスアカウントキーを選択

サービスアカウントから [新しいサービスアカウント] をクリックします。

新しいサービスアカウントを選択

サービスアカウント名欄に、作成するサービスアカウントにつける名前を入力します。

サービスアカウント名入力

[役割を選択] をクリックして表示されるメニューから [プロジェクト] にマウスカーソルを合わせます。続いて、その横に表示される [編集者] をクリックします(下図の 1 → 2 → 3 の順)。なお、ご自身の Google アカウントに権限がない場合は、役割は選択できません。権限のあるアカウントで作成してください。

役割を選択

キーのタイプに JSON が選択されていることを確認して、[作成] ボタンをクリックします。[作成] ボタンをクリックすると、すぐにサービスアカウントキーのファイルがダウンロードされます。

作成ボタンをクリック

もし、下図のような画面が表示された場合は、ダウンロード先(場所)を選んで、[保存] ボタンをクリックします(ウェブブラウザーの設定により異なります)。

ダウンロード

ダウンロードが完了すると、下図のような画面が表示されます。[閉じる] ボタンをクリックします。ここでダウンロードしたファイルを使って、MAGELLAN BLOCKS へ GCP サービスアカウントキーを登録します。

新しい秘密鍵

認証情報の画面で、作成したサービスアカウントキーの情報が表示されます。

認証情報一覧

以上で、サービスアカウントキーの作成は完了です。