基本操作ガイド

Basic Guide

GCS へファイルやフォルダーをアップロードする方法

GCS へファイルやフォルダーをアップロードする方法

Google Cloud Storage(GCS)へファイルやフォルダーをアップロードするには、BLOCKS のツール GCS Explorer を使うと便利です。

GCS Explorer の画面例

このドキュメントでは、GCS Explorer を使って、ファイルやフォルダーをアップロードする手順を紹介します。

手順は、以下の 4 ステップです。

GCS Explorer を使ったアップロードの流れ

各ステップについて、詳しく紹介します。

GCS Explorer を開く

BLOCKS にログイン後、以下の手順で GCS Explorer の画面を開きます。

GCS Explorer を開く様子
  1. グローバルナビゲーション左端の をクリック
  2. GCS Explorer]をクリック
    別タブで開きたい場合は、 をクリック

GCP サービスアカウントの選択

GCS へアクセスするための GCP サービスアカウントを選択します。既に適切な GCP サービスアカウントが選択済みの場合は、そのままにします。

GCP サービスアカウントを選択する様子
  1. 適切な GCP サービスアカウントをクリック

既に GCP サービスアカウント選択済みでこの画面を表示したい場合は、❷のアイコンをクリックします。

バケットの作成

ファイルやフォルダーをアップロードするバケット が無ければ、作成します。既に適切なバケットがあれば、バケット一覧から選択します。バケット一覧は、[バケット一覧]をクリックすると表示されます。

バケットを作成する手順は、以下のとおりです。

新しいバケットを作成する様子
  1. 新しいバケット]をクリック

バケット作成の画面が表示されます。

作成するバケットに関する情報を設定する様子
  1. バケット名 を入力
    バケット名の規則については、Google のドキュメント「バケットとオブジェクトの命名ガイドライン 」を参照願います。
  2. ストレージクラス を選択
  3. ロケーション を選択(ストレージクラスによってはありません)
  4. 作成]ボタンをクリック

ファイルやフォルダーのアップロード

最後にファイルやフォルダーをアップロードします。

ファイルもしくはフォルダーをアップロードする様子
  1. フォルダーに歯車の絵柄のアイコンが描かれたボタンをクリック
  2. ファイルアップロード]をクリック
    フォルダーをアップロードする場合は、[フォルダアップロード]をクリック
アップロードするファイルを選択する様子
  1. アップロードするファイルを選択
    ファイルは複数同時の選択が可能。[フォルダーアップロード]を選択した場合は、フォルダーを選択。
  2. 開く]ボタンをクリック

アップロード中は、画面右下にアップロード状況が表示されます。

ファイルがアップロードされている様子

すべてのアップロードを中止]をクリックすると、すべてのアップロードを中止します。各ファイル右端の[×]をクリックすると、当該ファイルのアップロードを中止します。

ファイルやフォルダーをバケットの直下にアップロードしたくないときは、フォルダーを作成してそこにアップロードできます。フォルダーは階層的に作成できます。フォルダーの作成手順は、以下のとおりです。

フォルダーを作成する様子
  1. フォルダーに歯車の絵柄のアイコンが描かれたボタンをクリック
  2. フォルダー作成]をクリック
フォルダー名を入力する様子
  1. フォルダー名を入力
  2. フォルダを作成]ボタンをクリック