基本操作ガイド

Basic Guide

JSONとは何か

JSONとは何か

JSON(JavaScript Object Notation)とは、構造化されたデータを表現するための記法です。BLOCKS では、この記法でデータを表現することが多くあります。

このドキュメントでは、JSON が初めての方を対象に、BLOCKS を利用する上で最低限必要となる事柄について解説しています。詳しい内容および厳密な定義については、「JSON の紹介 」および「RFC 7159 」の文章を参照してください。

JSON の例

下図のようなプロフィール情報があったとします。

JSON とは何かのサンプルデータ

以下は、このプロフィール情報を JSON で表現した例です。

{"name":"John Smith","age":35,"languages":["English","Japanese"]}

改行と空白を入れて見やすくもできます。

{
 "name": "John Smith",
 "age": 35,
 "languages": ["English", "Japanese"]
}

どちらも同じデータを表現した例です。

JSON では、"age": 35のように、名前("age" の部分)と値(35 の部分)のペアを基本とし、このペアの集まりでデータ(この場合はプロフィール情報)を表現します。

これらのように、JSON の記法で記述したテキストのことを「JSON テキスト」と言います。

表記方法

JSON で表現できる値は、文字列数値配列オブジェクトと、3 種類(truefalsenull)のリテラル(文字の並び)です。

値の種類 説明
文字列 "John Smith" のように、ダブルクオート(")で文字の並びを囲んだものです。
数値 35 のように、数値そのものです。10 進数で表記します。1.234e-5 のように指数表記もできます。
配列 ["English", "Japanese"] のように、複数個の「値」をひとまとめにしたものです。配列全体を [] で囲み、コンマ(,)区切りで「値」を並べます。値のひとつひとつを「要素」と呼びます。
オブジェクト

複数個の「名前」と「値」のペアをひとまとめにしたものです。

  • {"name":"John Smith","age":35,"languages":["English","Japanese"]} のように、オブジェクト全体を {} で囲み、コンマ(,)区切りで、「名前」と「値」のペアを並べます。
  • 「名前」と「値」のペアは、: で区切ります(名前: 値)。
  • 名前は文字列で表します(" で囲む)。
  • この「名前」と「値」のペアを「メンバー」と呼びます。
true 真偽の真を示します。すべて小文字の true でなければなりません。
false 真偽の偽を示します。すべて小文字の false でなければなりません。
null 値が空であることを示します。すべて小文字の null でなければなりません。

JSON では、これらの値を組み合わせて、「JSON の例」で例示したようなデータを表現します。