基本操作ガイド

Basic Guide

制限事項

制限事項

ここでは、MAGELLAN BLOCKS の制限事項について記載しています。

制限事項の一覧

MAGELLAN BLOCKS の制限事項の一覧です。

制限事項 制限値 備考
配置可能ブロック数 50 ブロック / 1 フローデザイナー

追加オプションにより最大で 200 ブロック / 1 フローデザイナーまで増やせます。

フローの実行数上限 1500

フローの実行数とは、フローデザイナーのログパネルに表示されているフロー数です。

フローは、この上限数を超えての実行はできません。

フローの実行数がこの上限を超えると、フローの実行数が上限未満(上限値 - 1)となるように終了(成功・失敗・キャンセル)しているフローのログを古いものから自動的に削除します。

ログの自動削除後、フローの実行数が上限を下回ると、上限を超えて実行しようとしていたフローが実行されます。

なおこのログの削除では、まず成功しているフローのログ削除を試み、まだ上限未満でなければ次いで失敗・キャンセルしているフローのログ削除を試みます。

終了前(準備中や実行中)のフローのログ削除は行われません。終了前のフローで上限に達していると、これ以上のフロー実行はできません。

この場合は、以下の手順を実行してください。

  1. フローの実行数が上限を下回るように終了前のフローを手動でキャンセル
  2. キャンセルしたフローのログを削除
  3. 手動実行や外部実行のフロを再実行(定期実行のフローは自動で再実行)
モデルジェネレーターのランタイムバージョンの有効期限 古いランタイムバージョンは、新しいランタイムバージョンのリリース後から 1 年間の期間サポートされます。

サポート期間中は、トレーニング結果(モデル)の適用とそれを使った予測が可能です。

モデルジェネレーターのランタイムバージョンは、Google Cloud Machine Learning Engine のランタイムバージョンと対応しています。ランタイムバージョンのバージョンとリリース日の対応については、Google のドキュメント「ランタイムバージョンリスト 」を参照願います。

このほかに、フローデザイナー単位でメモリの使用量に制限があります。
BLOCKS は、マルチテナントのサービスとなっているため、ブロック(フロー)を実行する際にメモリを専有できない仕組みとなっています。
使用可能なメモリの上限値は、フローデザイナーの編集操作およびフローの実行内容で変化します。
使用量を超えると、フローデザイナーの編集ができなくなったり、フローの実行が停止することもあります。

メモリの使用量は、変数の使い方によって大きく変化します。

変数は、フローの実行開始から終了までの間、メモリに保持されます。
このため、変数に大きなデータを格納したり、そのような変数を多く持つと、メモリの使用量が増大します。

「クエリーの実行」ブロックや「SOQL クエリーの実行」ブロックの「結果を格納する変数」などは、クエリー結果によっては膨大なメモリを必要とします。

また、メモリ使用量の制限は、フローデザイナー単位であるため、1 つのフローデザイナーで複数のフローを同時実行することでもメモリの使用量は増大します。

制限事項や制限値は変更される場合があります。