ブロックリファレンス

Block Reference

BigQuery

テーブル内容のSlack通知

BigQuery のテーブル内容を Slack に通知するブロックです。

指定したテーブルの先頭から最大 10 行までを取得して、行指向 JSON にして Slack にメッセージを送ります。

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
GCPサービスアカウント このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。選択する GCP サービスアカウントは、「ボード設定」の「GCPサービスアカウント」で設定します。
取得元のデータセット 取得元のデータセット ID を指定します。
取得元のテーブル 取得元のテーブル ID を指定します。
Webhook URL Slack の Webhook URL を指定します。
Slack表示名 Slack で通知するときのユーザ名を指定します。省略した場合は、Webhook 取得時のユーザ名が使用されます。
チャンネル Slack で通知するときのチャンネルを指定します。省略した場合は、Webhook 取得時のチャンネルが使用されます。
アイコン Slack で通知するときのアイコン絵文字を指定します。省略した場合は、Webhook 取得時のアイコンが使用されます。
ヘッダー テーブル内容の前に表示するメッセージを指定します。
フッター テーブル内容の後ろに表示するメッセージを指定します。
ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。
取得する最大行(最大10行) テーブルから取得する最大行数を指定します。10 より大きい値を指定しても 10 となります。
エラー時の繰り返し回数 BigQuery のエラーやタイムアウト時の繰り返し回数を指定します。
最小タイムアウト時間 BigQuery からの応答を待つ時間(タイムアウト)を秒単位で指定します。繰り返し回数ごとに 2 倍に増えます。繰り返し回数ごとに増える時間の最大値は、「最大タイムアウト時間」プロパティで指定します。
最大タイムアウト時間 「最小タイムアウト時間」から繰り返し回数ごとに増やすタイムアウトの最大時間を秒単位で指定します。