ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

GCP

S3 から GCS へファイルコピー(ベータ版)

概要

このブロックは、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)上の単一ファイルを Google Cloud Storage (GCS)へコピーします。

Amazon S3 のファイルをコピーするには、以下の事前準備が必要です。

  1. AWS アカウントのアクセスキー ID とシークレットアクセスキー

    準備方法については、「AWS アカウントとアクセスキー 」を参照してください。なお、シークレットアクセスキーは作成時のみ取得可能です。作成時に CSV ファイルをダウンロードするか、表示されたシークレットアクセスキーをコピーして、安全な場所に保管してください。

    その後、これらの情報をフローデザイナー設定機能AWS アカウント設定で登録します。

  2. Amazon S3 のファイルに対してアクセス管理 で最低でも AmazonS3ReadOnlyAccess のポリシーを設定

このブロックはベータ版です。正式版リリース後、本ブロックは利用できなくなる可能性があります。ご注意ください。正式版リリース後は、正式版のブロックをご利用ください。

また、ベータ版での提供となるため、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。機能改善や不具合などのフィードバックは、「フォーラム 」や「お問い合わせ」で情報提供をお願いします。フィードバックの内容は MAGELLAN BLOCKS の品質向上のために利用いたします。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。

GCP サービスアカウント

このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。

AWS アカウント

Amazon Web Services(AWS)アカウントを選択します。

AWS アカウントは、フローデザイナー設定機能AWS アカウント設定で、事前に設定しておく必要があります。

コピー元ファイル S3 URL

s3://バケット/フォルダー1/フォルダー2/ファイル の形式で Amazon S3 上のファイルの位置を指定します。

  • s3:// の入力は不要
  • バケット名とファイル名の入力は必須
  • フォルダー名は、ファイルが配置されているフォルダー構造に合わせて指定

この URL には、変数展開および % 形式の文字列書式が記述できます。

コピー先ファイル GCS URL

gs://バケット/フォルダー1/フォルダー2/ファイル の形式で、Amazon S3 上のファイルを配置したい GCS 上の位置を指定します。

  • gs:// の入力は不要
  • バケット名とファイル名の入力は必須
  • フォルダー名は、ファイルを配置するフォルダー構造に合わせて指定

この URL には、変数展開および % 形式の文字列書式が記述できます。

ブロックメモ

ブロックに対するコメントを指定します。