ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

G Suite

Google ドライブから変数へロード

概要

このブロックは、Google ドライブ上のファイルを読み取り、その内容を変数に格納(ロード)します。このブロックを利用することで、Google ドライブ上のファイルを使ってモデルジェネレーターの予測をしたり、Google ドライブ上のファイルから BigQuery へデータを投入することなどが可能となります。

Google ドライブ上のファイルは、そのまま読み込むこともできますが、[ファイル形式] プロパティを適切に設定することで、他ブロックの利用に即した形式へ変換して読み込むこともできます。

ファイル形式 説明
(none) ファイル内容をそのまま変数に格納します。
バイナリ (Base64)

ファイル内容を Base64 でエンコードして、変数に格納します。

[モデルジェネレーター予測(オンライン)] ブロックを使って画像分類を行う場合は、このファイル形式を選択してください。

JSON ファイル内容を JSON 形式で解析し、オブジェクトに変換して、変数に格納します。
CSV

ファイル内容を CSV 形式で解析し、オブジェクトに変換して、変数に格納します。CSV ファイルの各フィールドは、オブジェクト変換時にすべて文字列として扱われます。

CSV の形式は、以下のようなフィールド名を持つヘッダー行があることを前提としています。フィールド名を持つヘッダー行とは、他の行と同じ個数のフィールドを持ち、フィールドの名称が列挙されている行のことです。

field_name_1,field_name_2,field_name_3
aaa,bbb,ccc
xxx,yyy,zzz

この形式の CSV を読み込むと、以下のようなオブジェクトが変数に格納されます。

[
  {
    "field_name_1": "aaa",
    "field_name_2": "bbb",
    "field_name_3": "ccc"
  },
  {
    "field_name_1": "xxx",
    "field_name_2": "yyy",
    "field_name_3": "zzz"
  }
]

[モデルジェネレーター予測(オンライン)] ブロックを使って数値分類や数値回帰を行う場合は、以下のようにキー用のフィールドの名称を key とし、予測因子のフィールドにそれぞれの項目名を指定したヘッダー行を用意してください。

key,sepal_legth,sepal_width,petal_length,petal_width
1,5.9,3.0,4.2,1.5
2,6.9,3.1,5.4,2.1
3,5.1,3.3,1.7,0.5

数値はすべて文字列に変換されますが、[モデルジェネレーター予測(オンライン)] ブロックでは、数値を文字列としたデータも受け付けるため、問題ありません。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
GCP サービスアカウント

このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。

ファイル名

ファイルを指定します。ここで指定したファイルの内容が変数に格納されます。

ファイルへの URL も指定可能です。URL は、共有リンクおよびファイルの URL(ウェブブラウザーのアドレス欄に表示)のどちらも指定可能です。

変数展開の指定が可能]
ファイルデータを格納する変数 読み込んだファイルの内容を格納する変数を指定します。
ファイル形式

読み込むファイルの形式を [(none) / バイナリ (Base64) / JSON / CSV] から選択します。

ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。
CSVの区切り文字

[ファイル形式] プロパティが [CSV] の場合、CSV ファイルの区切り文字を [カンマ (,) / タブ / パイプ (|) / その他] から選択します。

[その他] を選択した場合は、[その他] の横の入力フィールドに、区切り文字を指定してください。

読み飛ばし行数 [ファイル形式] プロパティが [CSV] の場合、先頭から何行を読み飛ばすかの行数を指定します。
クオート記号を指定 [ファイル形式] プロパティが [CSV] の場合、フィールドを囲むためのクオート記号を指定します。