ブロックリファレンス

Block Reference

基本

フローの開始

このブロックは、フローの開始を表します。

「フローの終了」ブロックと対で使用します。フローは、ひとつながりのブロックを「フローの開始」と「フローの終了」で挟むことにより、実行可能となります。

プロパティ名 説明
ID

ID が設定されているときのみ、表示されます。ID は、フローに付ける名前です。外部アプリケーションからフローを呼び出すときに使用します。

鉛筆ボタンをクリックすると、フローリスト で ID の変更ができます。

ID は、フローリストで設定します。ID の規則は、以下のとおりです。

  • 使用できる文字の種類:
    • 英数字(a - zA - Z0 - 9
    • ハイフン(-
    • アンダースコア(_
  • 最大長: 64 文字
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
開始時間

フローを定期実行するときの開始時刻です。

開始時刻の設定は、「簡単設定」と「cron形式で入力」から選べます。

  • 簡単設定

    フローを定期実行するスケジュールを簡単に設定できます。よりきめ細かなスケジュールを設定したい場合は、「cron形式で入力」をお使いください。

    • 繰り返し: スケジュールの繰り返し方法を選択します。
      • 毎日: 毎日繰り返すスケジュールです。繰り返し間隔で、繰り返しの間隔を日単位で調整できます。
      • 毎週: 毎週繰り返すスケジュールです。毎週どの曜日で繰り返すかを調整できます。
      • 平日(月 - 金): 平日のみ繰り返すスケジュールです。標準では、月曜日から金曜日が平日となっていますが、曜日は自由に変更できます。
      • 毎月 1日: 毎月 1 日を繰り返すスケジュールです。
      • 毎月: 月単位で繰り返すスケジュールです。日・時・分の調整ができます。繰り返しの間隔は、月単位で調整できます(2 か月ごとや 3 か月ごとなど)。
    • 繰り返し間隔: 繰り返しが「毎日」もしくは「毎月」の繰り返し間隔を選択します。
      • 繰り返しが毎日の場合は、日単位で繰り返し間隔を選択します。
      • 繰り返しが毎月の場合は、月単位で繰り返し間隔を選択します。また、何日にスケジュールするかも選択します。
    • 曜日: 繰り返しが「毎週」もしくは「平日(月〜金)」の曜日を選択します。
    • 時 / 分: スケジュールする時刻を選択します。
  • cron形式で入力

    フローを定期実行するスケジュールを 10 0 * * 1 のような形式できめ細かく設定できます。

    指定する形式は、Unix 系 OS の crontab コマンドのスケジュール形式と同じです。

    左から「分・時・日・月・曜日」の順に数値で指定します(各項目間は空白で切る)。指定できる数値は以下のとおりです。

    • 分: 0 - 59
    • 時: 0 - 23
    • 日: 1 - 31
    • 月: 1 - 12
    • 曜日: 0 - 7
      0(日) / 1(月) / 2(火) / 3(水) / 4(木) / 5(金) / 6(土) / 7(日)

    指定可能な数値には、アスタリスク(*)も指定できます。これは、そのフィールドで取りうるすべての値を表します。例えば、「時」のフィールドで、* を指定すると、「毎時」という意味になります。

    例えば、10 0 * * 1 と指定した場合は、毎週月曜日の AM 0:10 にフローが実行されます。

開始時間を有効にする フローの定期実行の有効・無効を切り替えます。有効にすると、「開始時間」プロパティで指定された時間にフローが実行されます。
成功通知 フローの実行が成功したことを知らせる通知先を選択します。通知先は、「ボード設定」の「通知」で事前に設定しておきます。
失敗通知 フローの実行が失敗したことを知らせる通知先を選択します。通知先は、「ボード設定」の「通知」で事前に設定しておきます。
ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。
失敗ログの保存期間 フローの実行が失敗したログの保存期間を指定します。単位は、日です。
成功ログの保存期間 フローの実行が成功したログの保存期間を指定します。単位は、日です。