ブロックリファレンス

Block Reference

GCP

GCS ファイル移動

このブロックはベータ版です。正式版リリース後、本ブロックは利用できなくなります。ご注意ください。
※正式版リリース後は、正式版のブロックをご利用ください。

また、ベータ版での提供となるため、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。機能改善や不具合などのフィードバックは、フォーラムやお問い合わせで情報提供をお願いします。フィードバックの内容は MAGELLAN BLOCKS の品質向上のために利用いたします。

概要

このブロックは、Google Cloud Storage (GCS) 上のファイルを移動します。フォルダーの移動はできません。

異なるバケットへの移動もできます(ストレージクラスやロケーションが異なっていても可)。

移動先ファイルが既に存在する場合は、そのファイルは移動元ファイルで上書きされます。

移動元バケットと移動先バケットの GCP プロジェクトが異なる場合は、このブロックで使用する GCP サービスアカウントのメールアカウントに対して、移動元ファイルの読み込み権限と移動先バケットの書き込み権限を付与しておく必要があります。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
GCP サービスアカウント このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。
移動元ファイルの GCS URL

移動元ファイルの GCS URL を指定します。フォルダーの移動はできません。

  • 例:gs://my-bucket/sample.csv
移動先ファイルの GCS URL

移動先ファイルの GCS URL を指定します。移動先ファイルが既に存在する場合は、そのファイルは移動元ファイルで上書きされます。

  • 例:gs://my-bucket/dest/sample.csv

移動先ファイルに存在しないフォルダーが指定された場合は、そのフォルダーは自動で作成されます。

ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。