ブロックリファレンス

Block Reference

Watson

テキストの分類

概要

このブロックはベータ版です。正式版リリース後、本ブロックは利用できなくなります。ご注意ください。
※正式版リリース後は、正式版のブロックをご利用ください。

また、ベータ版での提供となるため、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。機能改善や不具合などのフィードバックは、フォーラムやお問い合わせで情報提供をお願いします。フィードバックの内容は MAGELLAN BLOCKS の品質向上のために利用いたします。

このブロックの利用にあたっては、お客さまの IBM Cloud 環境上で、 Natural Language Classifier サービス が利用可能となっている必要があります。また、Natural Language Classifier の資格情報も必要です。

このブロックは、IBM Watson Natural Language Classifier API の Classify を BLOCKS から利用できるようにしたものです。

このブロックを実行すると、トレーニング済みの分類器を使って、まだトレーニングされていないテキストデータから、そのテキストの意図を解釈し分類してくれます(下図②の部分)。分類は、トレーニング時に定められた分類の中から最も適切なもが選択されます。

自然言語分類器の作成とトレーニングブロックの概略図

以下は、「今日は寒いですね。」というテキストを分類した例です。

{
  "classifier_id": "e55175x249-nlc-51930",
  "text": "今日は寒いですね。",
  "top_class": "気温",
  "classes": [
    {
      "class_name": "気温",
      "confidence": 0.9733634159663508
    },
    {
      "class_name": "天候",
      "confidence": 0.026636584033649123
    }
  ]
}
  • "top_class":分類結果です。
  • "classes":分類値毎の確からしさが "confidence" で示されています。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。

ユーザー名

Natural Language Classifier サービスの以下のような資格情報の username の値を指定します。

補足説明図:ユーザー名入力時の資格情報の例

(画像をクリックすると拡大表示されます。)

パスワード

Natural Language Classifier サービスの以下のような資格情報の password の値を指定します。

補足説明図:パスワード入力時の資格情報の例

(画像をクリックすると拡大表示されます。)

分類器 ID

分類に使用する分類器の ID を指定します。

分類したいテキストを格納した変数

分類したいテキストを格納した変数を指定します。

分類結果を格納する変数

分類結果を格納する変数を指定します。

ブロックメモ

ブロックに対するコメントを指定します。