ブロックリファレンス

Block Reference

機械学習

Translate API

このブロックは、Google Translate API を使用して、テキストデータを翻訳します。

このブロックはベータ版です。正式版リリース後、本ブロックは利用できなくなります。ご注意ください。
※正式版リリース後は、正式版のブロックをご利用ください。

また、ベータ版での提供となるため、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。機能改善や不具合などのフィードバックは、フォーラムやお問い合わせで情報提供をお願いします。フィードバックの内容は MAGELLAN BLOCKS の品質向上のために利用いたします。

このブロックの使用にあたっては、Google Translate API を有効にしてください。詳しくは、「基本操作ガイド > ヒント > Google Cloud Platform の API を有効にする」を参照してください。

Cloud Speech API ブロックの次にこのブロックをつなげた場合は、Cloud Speech API ブロックの変換結果を翻訳します。ただし、Cloud Speech API ブロックの「結果を格納する変数」プロパティと Translate API ブロックの「テキストを参照する変数」プロパティの値を合わせてください。

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
GCP API キー

このブロックで使用する GCP API キーを指定します。

GCP API キーは、次の手順で作成します。

  1. Google Cloud Platform コンソールへ移動します。
  2. プロジェクトを選択します。
  3. [認証情報を作成] ボタンをクリックします。
  4. API キーを選択します。
テキストを参照する変数 翻訳するテキストデータを参照する変数を指定します。翻訳するテキストデータの言語は、自動的に識別します。
翻訳先の言語

翻訳先の言語を指定します。

言語は、中国語、英語、ヒンディー語、スペイン語、アラビア語、韓国語などの多くの言語に対応しています。

対応言語の一覧は、Google の Supported languages のページを参照してください。

結果を格納する変数 翻訳結果を格納する変数を指定します。
ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。