ブロックリファレンス

Block Reference

機械学習

Vision API (汎用)

このブロックは、Google Cloud Vision API を使って、Google Cloud Storage (GCS) 上の画像を解析します。画像解析の結果は、「結果を格納する変数」プロパティで指定された変数に格納します。

warning セルフサービスプランの場合:
このブロックの使用にあたっては、Google Cloud Vision API を有効にしてください。詳しくは、「基本操作ガイド > ヒント > Google API を有効にする」を参照してください。

Vision API (汎用) ブロックの具体的な使用例を「機械学習サービス Google Cloud Vision API 活用サンプル 」で掲載しています。

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
GCPサービスアカウント このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。
画像のGCS上のURL

画像ファイルが格納されている GCS 上の URL を指定します。

画像ファイルの推奨事項については、「Vision API (汎用) ブロックの画像ファイルの推奨事項 」でまとめています。

検知する情報 画像から検知する特徴を指定します。指定できる特徴は以下のとおりです。
  • 顔検知
  • ランドマーク検知
  • ロゴ検知
  • 物体検知
  • OCR(テキスト)
  • 有害コンテンツ検知
  • 色解析
ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。
結果を格納する変数

画像から検知した情報を格納する変数を指定します。格納する情報は、「検知する情報」プロパティで指定された特徴に関する情報のみです。

詳細については、「出力仕様 > Vision API (汎用)」を参照してください。

解析する言語

OCR(テキスト)解析に使用する言語を設定します。

  • 言語は、複数設定できます。
  • 画像内のテキストの言語がわかっている場合に、その言語を設定するとより良い結果が得られる可能性があります。
  • 言語を設定しない場合は、自動的に言語を検出します。
  • ラテン文字(アルファベット)に基づく言語(例えば英語)は、設定不要です。