ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

機械学習

動画分析

概要

このブロックはベータ版です。正式版リリース後、本ブロックは利用できなくなります。ご注意ください。
※正式版リリース後は、正式版のブロックをご利用ください。

また、ベータ版での提供となるため、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。機能改善や不具合などのフィードバックは、フォーラムやお問い合わせで情報提供をお願いします。フィードバックの内容は MAGELLAN BLOCKS の品質向上のために利用いたします。

このブロックの使用にあたっては、Cloud Video Intelligence API open_in_new を有効にしてください。詳しくは、「基本操作ガイド>ヒント>Google API を有効にする」を参照してください。

このブロックは、Google Cloud Video Intelligence サービス open_in_new を使って、Google Cloud Storage(GCS)上の動画を分析します。動画の分析結果は、[結果を格納する変数]プロパティで指定された変数に格納します。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。

GCP サービスアカウント

このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。

動画データの GCS 上の URL

動画ファイルが格納されている GCS 上の URL を指定します。

検知する情報

ビデオ内のどの情報を検知するかを指定します。指定できる情報は以下のとおりです(複数同時に指定可能)。

  • ビデオ内の犬、人間、花などのオブジェクトを検出
  • ビデオ内のシーン変化を検出
  • ビデオ内のアダルトコンテンツを検出
結果を格納する変数

動画の分析結果を格納する変数です。

格納される変数の内容については、「出力仕様>動画分析」を参照してください。

ブロックメモ

ブロックに対するコメントを指定します。

固定カメラで撮影した動画

固定カメラで撮影した動画か否かを指定します。

ラベル検出モード

ラベルの検出方法を指定します。指定できる方法は以下のいずれかです。

  • ショットレベルのラベル検出
  • フレームレベルのラベル検出
  • ショットレベルとフレームレベルの両方のラベルを検出